満開の桜をもう一度見に行く。
やっぱり迫力が違う。